ー​Blogー

​ブログ

February 23, 2019

事例1

私は耳を疑いました。

なぜなら、ご家庭が実力よりはるか上の学校にさえ行けると考えていたからです。

しかもそれは、入試直前のことでした。

「担任の先生も駄目と言うけど、息子は大丈夫です。」と、保護者様は仰いました。

ただ、息子は勉強を拒み続け、成績も一行に上がっていませんでした。

それでも保護者様はすでに受かった気になっておられて、入学後の生活まで想像なさっておられました。

一見、楽観的になるのは良いことのように思えます。

しかし実は、楽観には本当の危険性をはらんでいます。

それは、現実を見なくなることです。

事例2

私は首を傾げました。

なぜなら、...

Please reload

最新記事

July 9, 2018

December 17, 2017

Please reload