​家庭教師・学習指導のヒルブック

―商標登録済―

®​

​よくあるご質問

​お申込/問い合わせ

代表紹介

本部:京都府京都市南区久世殿城町48-11

​事務所:大阪府大阪市淀川区加島1-47-4

 Hillbook Column 

​第1回 「なぜあの人は遊んでいるのに成績が良いの?」

「なんであいつは遊んでいるのに」

「自分のほうが何時間も勉強しているのに」

こんなことを思ったことはありませんか?

結論から言いましょう。

成績が良い人は、勉強の濃密度が高いのです。

勉強の濃密度には、2つのチカラが関係します。

それは、①集中力と②効率力です。

式にすると、「勉強の濃密度=集中力×効率力」。

良い成績には集中が欠かせません。

例えば、だらだら勉強する人と、がんばって勉強する人。

どちらが成績が良くなるでしょうか?

答えは明白ですね。

一方、良い成績には効率も必要です。

例えば、1時間で1つの単語だけ覚える人と、10個の単語を覚える人。

どちらが成績が良くなるでしょうか?

当然、後者です。

もちろん、こんな意見もあります。

「この勉強は〇〇の時間帯にするのが良い」と言われます。

それは確かに事実です。

特定の科目が伸びやすい時間帯は存在します。
例えば、脳科学的に計算問題は朝、暗記は夜にしたほうが良いと言われます。

ただ、時間帯が全てではありません。

勉強する時間はどんな時でも見つけられます。

興味深いことに、時間が限られているほうが勉強ははかどるものです。

ちょうど、タイムトライアルのゲームは自然に集中しやすいのと同じです。

良い成績を収めている人は、場所関係なく、効率良く、集中して勉強しています。

例えば、通学の電車で30分数学を解く。

帰宅後の10分でドリルをして、遊びに行く。

お風呂で5分、英単語を覚える。

トイレで30秒、古文単語を見る。

寝る前の10分、英語を音読する。


では、時間の濃密度は頭の良さに関係しますか?
関係はあっても、わずかです。

むしろ、方法によります。
言いかえれば、「頭が良くない」と思う人も方法次第で時間の濃密度を高められるのです。

あなたも、「普段遊んでいるのに成績が良い人」の仲間入りをすることが出来ます。

こうして、自立の第一歩を踏み出します。

 

ヒルブックでは、独自のノウハウで時間の濃密度を高める手助けをしています。

ぜひ一度、無料体験をお試しください。