「子供が出来る一歩は何?」

こんにちは、スタッフです。 子供は、大人から”比較”にさらされます。 例えば、定期テストで先生から、クラスメイトと点数を比較される。 模擬試験で親から、受験者と偏差値を比較される。 中には、近所の同級生や、同じ塾生徒、家族と成績を比較される場合もあります。 大人が思う以上に、比較は子供にとってプレッシャーとなるものです。 親の理想や基準は、時に子供を苦しめます。 残念なことに、本当は勉強が出来るのに子供が無力感を覚えるケースは少なくありません。 そんな時、どうしたら良いでしょうか。 最善策の一つは、「子供の歩幅」を考えてあげることです。 例えばある子供は、3桁の掛け算ではなく、2桁の掛け算が良いかもしれません。

ある子供は歴史の問題集ではなく、歴史マンガが良いかもしれません。 ある子供は、基本問題集ではなく、東大の過去問が良いかもしれません。

つまり、単にレベルを下げれば良い話ではありません。 大事なのは、学習レベルが子供にとって最適であることです。 子供には必ず自分の歩幅があります。 子供の歩幅に合えば、子供は必ず伸びます。 「子供が出来る一歩は何?」 ヒルブックは子供の歩幅を見つけ、最適な学習を支えます。 ぜひ、他とは一線を画す指導をお試しください。

京都・滋賀・大阪の指導なら―

家庭教師・学習指導のヒルブック

最新記事
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square