家庭教師の選び方―「先生」ではなく「教師」を選ぶ。

こんにちは。

今日は、家庭教師の選び方のヒントをお伝えします。

弊社はよく、最初の面談にて、

以前も家庭教師を付けていたご家庭に出会います。

以前の家庭教師を解約なさった理由はたくさんあります。

例えば、以下のような実際例があります。

「先生が子供とおしゃべりしかしていなかった」

「先生が勉強の内容を理解していなかった」

「先生は子供に漢字を書き写させていただけだった」

このような事例は、確かに教える側にも落ち度があります。

そうはいいつつも、実は依頼する側にも改善点があります。

その改善点とは、人の選び方です。

そもそも、「先生」とは何でしょうか?

文字通り、"先"に"生"きる人です。

先に生きる人ですから、後に生きる人より"経験"は持っています。

もちろん、先生の中には経験だけでなく技術も長けた人はおられます。

とはいえ、「先生」とは主に経験に視点が置かれた言葉です。

他方で、「教師」とは何でしょうか?

文字通り、"教"える"師"です。

教える師ですから、弟子に教える"技術"を持っています。

もちろん、教師の中には技術だけでなく経験も長けた人はおられます。

とはいえ、「教師」とは主に技術に視点が置かれた言葉です。

例えで考えてみましょう。

あなたが、ある山に登りたいと思っています。

すると、2人のガイドがやって来て、1人目はこう言いました。

「私はこの山に登ったことがあります。だから大丈夫です。」

次に、2人目はこう言いました。

「私はこの山の登り方を知っています。だから大丈夫です。」

どちらの方が、より信頼出来るでしょうか?

どちらかと言えば、2人目の方です。

1人目は、経験はあれど、たまたま登れただけかもしれません。

一方、2人目はたまたまではなく、確実な登り方を知っています。

大事なのは、どれだけ教えたかではなく、どう教えるかです。

当然、家庭教師選びは迷いやすいものです。

例えば、指導経験が10年の方と、指導経験が1年の方がいたら、

自然と前者に依頼したくなるでしょう。

しかし、親が重視すべきは「年数」ではなく、「教え方」です。

つまり、家庭"先生"ではなく家庭"教師"を選ぶのです。

そのためには、体験指導等で、子供への教え方に注目しましょう。

個人的には、実際に教えているところを"監視"することをオススメします。

「子供に教えているところを見せてください」と頼むことが出来ます。

それで戸惑ったり、後ろめたい顔をする"自称家庭教師"は、教師ではありません。

"この人は、子供の先を歩いているだけなのか?"

それとも、

"この人は、子供の手を引いてくれているのか?"

ぜひ、ご家庭に養って頂きたい見方です。

弊社はもちろん、先生ではなく"教師"をご用意しています。

貴方の目で、先生か教師かをじっくり見極めて下さいませ。

無料体験のお申込はこちら

それでは、失礼いたします。

最新記事
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square